読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すずけんメモ

技術メモです

ローカル作業でのgitリポジトリ管理とコーディング環境の話

gitを改めてちゃんと使おうという人がまわりで増えてきたのでメモとして貼っておく。

現状の設定はこんな感じ。1年くらい変わってなかった。

https://github.com/suzuken/dotfiles/blob/cbf8e7168c96029d535d69f981337d23aacfa51c/gitconfig

特にaliasまわりは普段つかっているのであげておく。

[alias]
# http://oli.jp/2012/git-powerup/
# http://blog.blindgaenger.net/advanced_git_aliases.html
alias = !git config --list | grep 'alias\\.' | sed 's/alias\\.\\([^=]*\\)=\\(.*\\)/\\1\\\t => \\2/' | sort
b = branch -a
br = browse-remote
ci = commit
co = checkout
current-branch = rev-parse --abbrev-ref HEAD
d = diff
dc = diff --cached
di = diff
dic = diff --cached
f = fetch --prune
fs = !git f && git su
ignore = !([ ! -e .gitignore ] && touch .gitignore) | echo $1 >> .gitignore
info = remote show origin
l = log --graph -n 20 --pretty=format:'%C(yellow)%h%C(cyan)%d%Creset %s %C(green)- %an, %cr%Creset'
ll = log --stat --abbrev-commit
ln = log --graph -n 20 --pretty=format:'%C(yellow)%h%C(cyan)%d%Creset %s %C(green)- %an, %cr%Creset' --name-status
lp = log --oneline -n 20 -p
ls = log --stat --abbrev-commit -n 1 # display previous log
s = status --short --branch
st = status
su = submodule update
delete-merged-branches = !git branch --merged | grep -v \\* | xargs -I % git branch -d %
fetch-pulls = fetch origin +refs/pull/*:refs/remotes/pull/*

特によく使うのは delete-merged-branchesfetch-pulls。remoteでbranchがマージされてfetchしてきたときに既にmergeしてるものだけどlocalブランチから消す。これをやると現在mergeされていないブランチのみが残るので便利。 fetch-pulls はcodeをレビューするときとかにつかっていて、これをつかうと対象プロジェクトのPull Requestをまとめてfetchできる。するとローカルでdiffもとりやすいし便利。

あとはマージにはvimdiffを使ってる。それと git cloneghq clone motemen/ghq でつかっていて、全部GOPATHっぽく入るようになってる。これを peco peco/peco で探すようにしているので、大分ローカルでのリポジトリの移動が楽になった。普段はvimでコーディングしているので mattn/ctrlp-ghq でプロジェクトを行ったり来たりしている。だいたい新しいtab開いて ctrlp-ghq でcurrent directoryを移動して Dirvish justinmk/vim-dirvish でそこのrootを開く、ということをしてることが多い。基本的に全部動作が軽いのを選ぶようにしてる。

気が付くとvimの話になってしまったので反省している。

参考