読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すずけんメモ

技術メモです

Elasticsearch 1.x系統でのgatewayに関して

Localのみ推奨、となっている。

Gatewayモジュールというのがあって、

端的にいうとクラスタ管理のためのメタデータを保持する部分になっている。デフォルトではlocalに保存するようになってる。

弊社ではAWSでElasticsearchを運用しているのでS3 Gatewayを検討しよう、と思ったらどうもdeprecateになっているらしい。

ちなみにこのへんのissueで議論されている。

shared gatewayについては基本的に廃止の方向のようだ。

ちなみにAWSがらみでいうと、Elasticsearchへのautoscaling適用についてはこのへんで議論されている。

自分ところの環境では当面Elasticsearchのautoscaling運用は考えてない。少なくとも現時点では。理由はシンプルで、ノード追加のタイミングでのshardのreplicationの負荷がどうしても発生するので、そのへんrerouteをしっかり設定して、、、となると結局autoscaling groupごとにrouteを考えよう、などなど考える部分が増えるので。ひとまずトラフィックが予測できるならautoscalingにしなくてもよいのでは、と思っている。

update

2014/03/27 16:10 Local Gateway以外、削除されました。Elasticsearch 1.2.0から反映されるようです。

参考: Remove deprecated Gateways · Issue #5422 · elasticsearch/elasticsearch https://github.com/elasticsearch/elasticsearch/issues/5422